忍者ブログ

ゼニカル | ゼニカルジェネリック | ダイエット医薬品通販

ゼニカルやゼニカルのジェネリック医薬品の激安個人輸入代行購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

ゼニカルジェネリックの個人輸入

肥満治療薬「ゼニカル」の特徴

【ゼニカルとは? 】
アメリカのロッシ社が開発した「ゼニカル」は、食事の際に食べた脂肪分を体に吸収させず、そのまま体外へ出させる、新しいタイプの肥満治療薬です。デンプン、タンパク質、そして脂肪の三つは、三大栄養素と呼ばれ、身体を作ったりエネルギーとなります。脂肪はリパーゼという酵素により分解され吸収されるのですが、ゼニカルはこのリパーゼの働きを阻害する酵素です。食事で摂取した脂肪は分解されず、吸収されることもありません。したがって、食事で摂取した脂肪がそのまま便として排出されるのです。

【ゼニカルは安全なのか?】
ゼニカルは、肥満治療薬としてアメリカでは肥満治療薬として認可されております。世界で最も威厳のある米国HDAという医薬品を認可する組織に認可され、効果、副作用など様々な厳しい審査をえて認可を受けていますので、効能や安全性はお墨つきです。

【ゼニカルの効果】ゼニカルは、脂肪の吸収を阻害する肥満治療薬ですので、食事として摂取した脂肪は排出されるのですが、他の栄養素であるデンプンとタンパク質は吸収されます。ですので、脂肪分が吸収されないからといって、食べ過ぎては意味がありません。また、すでに摂取済みの皮下脂肪や内臓脂肪などについては、取り除いてくれるわけではありませんので、誤解しないようにしてください。

【ゼニカルの服用方法】
ゼニカルの使用法には、毎食の食事中か食後に1錠服用してくださいとありますが、これはあくまで、欧米でのお話です。日本と欧米の食事には違いが多く、日本人は朝、昼はそれほど食事を多く摂取せず軽い食事が多く、夕食に多くを摂取する経口があります。このことから、日本人の場合は夕食のときだけゼニカルを摂取すれば良いといわれております。もちろん、人によっては朝、昼も多くを食べる方もいらっしゃるでしょうし、昼に脂の多いものを摂取する方もいらっしゃいます。そのあたりは臨機応変にゼニカルを摂取していただければと思います。

【ゼニカルの副作用】
副作用として最も可能性が高いのはビタミン不足です。水溶性であるビタミンB群、ビタミンCなどは吸収されますが、ビタミンA・D・E・Kの4種類は脂溶性、つまり脂質に溶けて吸収されます。つまりこれらのビタミンA・D・E・Kはゼニカルを服用すると便中に排泄されますので、ビタミンA・D・E・Kが不足します。ですので、野菜を多く取る場合は、ゼニカルを服用しないことをお勧めいたします。ゼニカルを服用し続けたい方は、ビタミン剤を服用していただかなければなりません。そして、よく言われることですが、脂肪分がそのまま吸収されずに便として排出されますので、便器が非常に汚れます。


フォビカル

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり








Copyright ©  -- ゼニカル | ゼニカルジェネリック | ダイエット医薬品通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / 「超」潜在意識の日本人用完全マニュアル
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング